水素水サーバーで毎日健康と美容に良いお水|ハイレベルウォーター

飲用水にこだわる

女性

ウォーターサーバーの歴史

生きていくのに水はとても大切なものです。特に飲み水や料理に使う水は、美味しく安全なものを使いたいものです。近年は、ウォーターサーバーを使う方が多くなっているようです。そのウォーターサーバーの歴史はどのようなものなのでしょうか。 ウォーターサーバーは、1910年のアメリカで使われるようになったのが最初です。アメリカは乾燥した気候なので、飲み水を確保するために必要でした。1930年ごろになるとさらに普及しました。現在ではほとんどの家庭にあります。 日本においては水道の水がそのまま飲めますので、あまり需要はありませんでした。しかし、環境が変化し、水質が悪くなったり、雨が降らずに水不足になったりすると、水を買って飲むという習慣ができました。それがウォーターサーバーの普及につながりました。1980年ごろにウォーターサーバーが普及していきました。 さらに、2011年に東日本大震災があり、放射能のこともあり、需要がさらに高くなったのです。

これからどうなっていくのか

現在のウォーターサーバーは、電気代がひと月1000円ほどかかるものが多いです。今後は、もっと消費電力を抑えたものが増えていくのではないのでしょうか。当然電気代も少なくて済むようになります。 また、ボトルが重く、交換するのが大変なものが多いです。この点についても改良され、交換しやすいものになるでしょう。 ボトルに空気が入りにくくて衛生的、空ボトルを置くスペースが必要ない、ワンウェイ方式を利用する方が増え、これが主流になるかもしれません。 水が生きていくのに欠かせないものです。健康、水の品質に対しての意識が高まり、各地で災害が相次ぐなか、水を備蓄するという習慣も広まっています。ウォーターサーバーはさらに利用者が増えていくでしょう。

Copyright© 2017 水素水サーバーで毎日健康と美容に良いお水|ハイレベルウォーター All Rights Reserved.